健康で明るい社会の実現に向けて

IRポリシー

IRの目的と基本姿勢

当社は、株主・投資家・アナリストなど、当社のステークホルダーの皆様に当社の価値を正当に評価していただくことをIR活動の目標としています。そのために、IR活動にあたっては、常に誠意を持った対応を心がけ、当社の経営方針、事業戦略や財務状況等に関する情報をわかりやすく、公平かつ適時・正確に提供することに努めることを基本姿勢としております。また、一部の特定の方に対し、特定の情報をお伝えすることはいたしません。

情報開示についての基本姿勢

当社は、特定の個人や機関に情報が集中しないよう、迅速で公平な情報開示に努めます。重要な会社情報に関しては、金融商品取引法等の定める適時開示等に関する規則に則り、速やかに公表致します。一部の特定の方に対し、特定の情報をお伝えすることはいたしません。関係法令や適時開示等に関する規則に該当しない情報についても、株主・投資家の皆様のご期待に応えるべく、可能な限り積極的に当社HPに開示してまいります。

情報開示の方法について

適時開示や法令で開示が定められている項目については、適時情報開示伝達システム(TDNet)・プレスリリースでの発表や有価証券報告書への掲載等、所定の開示手順に従っておこない、それ以外の情報の開示についても、できる限り正確かつ公平に株主・投資家・アナリストの皆様方に伝えるように配慮します。尚、開示する情報は、基本的に当社ウェブサイトにも公表後迅速に掲載していきます。
なお、当社ホームページに関しては、技術的な問題等でTDNetより掲載が遅れる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

業務予想・将来予測について

当社は、各四半期および通期ごとの業績の開示を行うことにより、皆様の便宜を図ることを心がけてまいります。当社が発表する業績予想などの将来の予想に関するものは、発表時点での予想であり、その後、前提を変更する場合、予告なしに変更されることがあり、その内容を保証するものではありません。第三者による業績予測については、予測された方々のお考えによるものであるため、当社は一切言及いたしません。

IRポリシーの社内徹底

当社は、各四半期および通期ごとの業績の開示を行うことにより、皆様の便宜を図ることを心がけてまいります。当社が発表する業績予想などの将来の予想に関するものは、発表時点での予想であり、その後、前提を変更する場合、予告なしに変更されることがあり、その内容を保証するものではありません。第三者による業績予測については、予測された方々のお考えによるものであるため、当社は一切言及いたしません。

IR自粛期間の設定

当社は、決算発表資料を準備している間に株価に影響を与える情報が漏れてしまうことを防ぐために、各四半期および通期の終了日から各決算発表日までを「自粛期間」としております。この期間中は、当社の役職員は、決算内容、事業の業績や見通し、あるいは予測について、特定の株主・投資家又はマスコミなどの媒体に対して言及することを控えさせていただきます。但し、自粛期間中に既に発表した業績予想を大きく外れる見込みが出てきた場合には、適時、情報開示を行います。決算発表日等は、当社HPの「投資家情報」ページの「株式情報」をご参照ください。

株価情報について

株価に関しては、あくまでも市場の売買により決定されるものであると考えており、一切言及しない方針です。

北海道の薬局、サッポロドラッグストアー(サツドラ)

CSR活動

  • 経営方針・ご挨拶
  • IRポリシー
  • IRニュース
  • 財務情報(月次データ)
  • 有価証券報告書・決算短信
  • 電子公告
  • 株式情報
  • 株主優待制度

最新バージョンのAdobe Readerのダウンロード

最新のAdobe Readerはコチラ

※サイト運営
株式会社サッポロドラッグストアー(本社)
北海道札幌市北区太平3条1丁目2-18

このページの最初へ